役立ち知識」カテゴリーアーカイブ

【よくある勘違い】酵素サプリと生酵素サプリの違いを解説!

酵素サプリと生酵素サプリの違いは?

酵素を使ったダイエットがテレビやネットで紹介されるにつれて、酵素サプリや生酵素サプリの知名度も上がってきました。

今では、近くの薬局やコンビニなどにも商品が置いてあるくらいです。

簡単に手に入るようになったのはいいことなのですが、実は落とし穴があります。

酵素サプリと生酵素サプリの違いをわからずに買ってしまうと、思ったような効果が得られない可能性が高いです。

酵素サプリは高温高圧状態でカプセル状に製造されたサプリメントです。

製造にお金がかからないので、大量生産が可能で、すぐにつくることができます。

生酵素サプリは、非加熱処理で時間をかけて酵素を抽出して固めたサプリメントです。

1つの商品を作るのにお金と手間と時間がかかります。

私たちに身近ですぐに購入できるのは酵素サプリになります。

酵素サプリは製造コストを大幅にカットできるので、宣伝や広告にお金を出すことができ、有名な商品も多いです。

しかし、本当に酵素の力を感じることができるのは生酵素サプリです。

酵素の力を閉じ込めた生酵素サプリ

酵素サプリに含まれている酵素は、酵素としての働きを失っています。

酵素は熱に弱い性質を持っており、48度以上の高温になると、多くの酵素は失活してしまうのです。

高温高圧でカプセル状にする際に、酵素サプリに含まれている酵素のほとんどはダメになってしまうということですね。

生酵素サプリなら、非加熱処理によって製造されているので、生の酵素がサプリメントの中にぎゅっと詰まっています。

商品化にも工夫があり、うまく熱を加えない方法で飲みやすい形に製造しています。

製造に時間がかかる分、生酵素サプリは酵素サプリよりも値段が高くなってしまうのは事実です。

しかし、きちんとダイエットの効果を感じたいのであれば、酵素の力が100%詰まっている生酵素サプリがおすすめです。

酵素の働きは、消化を助けるだけにとどまりません。

腸内環境を整え、便秘を解消し、基礎代謝を向上させ、免疫力をアップさせます。

様々な酵素が私たちの体のなかでは働いているのです。

酵素サプリ、生酵素サプリ、酵素ドリンクの違いについて

酵素ってなに?

酵素は人間が生きていくために必要不可欠な物質です。

酵素には消化、吸収、分解の働きがあるので、酵素なしでは食事で摂った食べ物からうまく栄養素を取り出すことができなくなります。

体内には約5000種類の酵素があると言われています。

そのうち、消化の役割を持った酵素を消化酵素、代謝の役割を持った酵素を代謝酵素といいます。

自然の野菜や果物からも酵素を摂取することができ、これは食物酵素と呼ばれています。

消化酵素と代謝酵素はどちらも健康な生活を送る上ではなくてはならないものですが、現代人の食生活では十分な量が確保できなくなっているのが現状です。

酵素不足を補うために開発されたのが、酵素サプリや生酵素サプリ、酵素ドリンクなどの酵素食品たちです。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、一番自分に合うものを探すことがポイントです。

酵素は熱に弱い性質を持っているので、生の酵素を摂取したいのであれば、酵素サプリや酵素ドリンクのような加熱処理された食品ではなく、生酵素サプリを選ぶのがおすすめです。

自分に合った酵素食品を選ぶ

酵素ドリンクは満腹感を得やすい、吸収率が良い、というメリットがあるので置き換えダイエットに向いています。

酵素サプリや生酵素サプリでは、サプリになっている都合で満腹感を得にくいということがデメリットになります。

ジュース状の酵素ドリンクなら、お腹の中にものが入った気持ちになりやすいです。

しかし、酵素ドリンクは持ち運びが難しいというデメリットもあります。

瓶などに詰めて持ち運ぶことは可能ですが、どうしても場所をとったり重かったりしてしまいます。

酵素サプリや生酵素サプリなら、小さくて軽いので持ち運びに便利です。

毎日会社に出勤するとか、休日も出かけることが多い方におすすめです。

商品によっては、水なしで飲める酵素サプリや生酵素サプリもあるので、とっさに飲むための液体がないときでも便利です。

酵素は私たちが健康な生活を送るうえで、必要不可欠な存在となっています。

自分に合った酵素食品を見つけて、うまく活用していきましょう。

生酵素サプリ 無添加