【よくある勘違い】酵素サプリと生酵素サプリの違いを解説!

酵素サプリと生酵素サプリの違いは?

酵素を使ったダイエットがテレビやネットで紹介されるにつれて、酵素サプリや生酵素サプリの知名度も上がってきました。

今では、近くの薬局やコンビニなどにも商品が置いてあるくらいです。

簡単に手に入るようになったのはいいことなのですが、実は落とし穴があります。

酵素サプリと生酵素サプリの違いをわからずに買ってしまうと、思ったような効果が得られない可能性が高いです。

酵素サプリは高温高圧状態でカプセル状に製造されたサプリメントです。

製造にお金がかからないので、大量生産が可能で、すぐにつくることができます。

生酵素サプリは、非加熱処理で時間をかけて酵素を抽出して固めたサプリメントです。

1つの商品を作るのにお金と手間と時間がかかります。

私たちに身近ですぐに購入できるのは酵素サプリになります。

酵素サプリは製造コストを大幅にカットできるので、宣伝や広告にお金を出すことができ、有名な商品も多いです。

しかし、本当に酵素の力を感じることができるのは生酵素サプリです。

酵素の力を閉じ込めた生酵素サプリ

酵素サプリに含まれている酵素は、酵素としての働きを失っています。

酵素は熱に弱い性質を持っており、48度以上の高温になると、多くの酵素は失活してしまうのです。

高温高圧でカプセル状にする際に、酵素サプリに含まれている酵素のほとんどはダメになってしまうということですね。

生酵素サプリなら、非加熱処理によって製造されているので、生の酵素がサプリメントの中にぎゅっと詰まっています。

商品化にも工夫があり、うまく熱を加えない方法で飲みやすい形に製造しています。

製造に時間がかかる分、生酵素サプリは酵素サプリよりも値段が高くなってしまうのは事実です。

しかし、きちんとダイエットの効果を感じたいのであれば、酵素の力が100%詰まっている生酵素サプリがおすすめです。

酵素の働きは、消化を助けるだけにとどまりません。

腸内環境を整え、便秘を解消し、基礎代謝を向上させ、免疫力をアップさせます。

様々な酵素が私たちの体のなかでは働いているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です